ブラジル セラード地区 コンテスト1位セット

¥ 1,800 ~ ¥ 6,400 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. 予約販売
数量

★予約販売★ 2019.7.10までの受付
7月11日に発送致します。

ブラジル セラード地区 コーヒーコンテスト1位受賞豆特別セット

このセットは、“ブラジルという同じ生産国の中で育てられたコーヒー豆でも、農園が違うとこんなにも味わいが違う”ということ、“同じ珈琲豆でも浅煎りと深煎りとでは全く違った味わいを楽しめる”という二つのテーマで企画した、一年に一度だけ、この時期にしか味わえない貴重なセットです。農作物であるコーヒー豆。今年はどんな表情を私たちに見せてくれるのでしょうか。さぁ、ブラジルの有名な珈琲豆の産地であるセラード地区で、よりよい珈琲を探求するために開催されているコーヒーコンテストの※ウォッシュ部門・ナチュラル部門でそれぞれ1位を受賞した世界最高峰の味わいをどうぞご堪能ください。

◆ナチュラル部門1位

 ・ハイロースト

かき氷のいちごシロップのような甘ぁい香り。苦みが少なく、青いバナナのような風味を感じます。すっきりとした後口なので、シャキッとしたい時におすすめ。


 ・フレンチロースト

ブルーベリージャムのような甘味と酸味が詰まった香り。口に含むとマカデミアナッツの香りが鼻に抜けると同時にしっかりとした苦みを感じます。贅沢に香りの余韻があり、大人なひとときを感じます。

◆ウォッシュ部門1位 

・ハイロースト

マンゴーのようなトロピカルな香りを持ち、柔らかな苦み、冬みかんのような優しい酸味を感じます。独特な香りからの軽い飲み口で、気づいたらどんどん飲み進めてしまいます。

・フレンチロースト

ストロベリーアイスクリームのような香り。すっきりとした苦みで、くるみのような風味と香ばしさを感じます。酸味がなく、苦味の珈琲ですが、後口はすっきりととても飲みやすいです。



■ピルリット農園
生産者であるエリカは、1984年生まれ。大学の経営学部を卒業後、大学院でアグリビジネスを専攻。父、兄、夫とともに稼業であるコーヒー農園を経営しています。収穫管理は合理的で、農薬の使用は必要最小限に留め、天敵による病虫害防除法を取り入れるなどし、環境への影響も少なくなるよう配慮しています。彼女は、「私たちは自然の中で暮らしているので、環境に関する法律を遵守し、自然を尊重し、土地を耕作して生計を立てている。私は自分のしていることが大好きで、このビジネスで働くことに誇りを持っている。」と語っています。

■ボンジャルジン農園

生産者は、家族でコーヒー農園を経営する企業の代表ジョゼ・カルロス・グロッシの妻であるセリア。元々会計士をしていた彼女は、祖父の代からコーヒーの生産をしてきたジョゼとの結婚を機にコーヒー栽培と巡り合いました。彼女は常に高品質のコーヒーの生産を追及しながら、従業員の能力を高めることにも力を入れていて、農場内に従業員の住居を提供しています。また、新しい技術であるコーヒーの発酵も導入しています。RFA、UTZなどの環境に対する認証も受け、環境保全にも熱心です。