ブラジル セラード地区 コンテスト1位セット

¥ 1,800 ~ ¥ 6,400 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. 予約販売

★予約販売★ 2018.6.27までの受付
6月29日に発送致します。

ブラジル セラード地区 コーヒーコンテスト1位受賞豆特別セット

このセットは、“ブラジルという同じ生産国の中で育てられたコーヒー豆でも、農園が違うとこんなにも味わいが違う”ということ、“同じ珈琲豆でも浅煎りと深煎りとでは全く違った味わいを楽しめる”という二つのテーマで企画した、一年に一度だけ、この時期にしか味わえない貴重なセットです。農作物であるコーヒー豆。今年はどんな表情を私たちに見せてくれるのでしょうか。さぁ、ブラジルの有名な珈琲豆の産地であるセラード地区で、よりよい珈琲を探求するために開催されているコーヒーコンテストの※ウォッシュ部門・ナチュラル部門でそれぞれ1位を受賞した世界最高峰の味わいをどうぞご堪能ください。

◆ナチュラル部門1位

 ・ハイロースト

マンゴーのような少しくせのある酸味を感じる香り。柔らかな軽い苦みと、マンゴーの酸味とピーナッツの香ばしさを感じます。ここ数年珈琲界で高評化を受けるナチュラルの珈琲が持つ特徴的な味わいです。

 ・フレンチロースト

ブルーベリージャムのような甘味と酸味が詰まった香り。口に含むとマカデミアナッツの香りが鼻に抜けると同時にしっかりとした苦みを感じます。贅沢に香りの余韻があり、大人なひとときを感じます。

◆ウォッシュ部門1位 

・ハイロースト

上質なチョコレートがかかったオレンジピールのような香りを持ち、苦みは少なく、下に絡みつくベリーの果実のような軽い甘味と爽やかな柑橘のさっぱりとした後口。

・フレンチロースト

まるであんこを炊いているかのような甘さと少しの香ばしさを感じる香り。口に含むと香ばしさとコクのある苦みを感じ、ビターキャラメルの香りが鼻に抜けます。心地よい香ばしさが鼻の奥に残ります。


■サンペドロ・デ・アルカンタラ農園
農園主のアンジェロ氏は10年間獣医として働いていました。しかし、幼少の頃、コーヒー農園の中で育った氏は、コーヒー栽培への情熱を捨てきれず、両親の元へ戻り、両親が牧畜をしていた農場で家族でコーヒー栽培を始めます。徐々にコーヒーの栽培面積を増やし、現在農場総面積450ha中260haでコーヒーを栽培しています。何よりも品質を重視し、改善を念頭におき、より良い品質のため数多くの調査を行っています。また、コーヒーチェリーや脱穀かすといった有機物は全てコーヒー農園に還元するなど、環境に及ぼす影響に厳しい基準を設けています。

■ファゼンダ・リオ・ブリ リャンチ・カフェ農園
農園主のイナッシオ氏は、25歳の時に世界へ食糧を供給するという強い志を持って、不毛の地と考えられていたミナス・ジェライス州のセラード地区を開拓し、繁栄させました。52歳の時、スペシャルティコーヒーの導入に興味を持つアメリカ人と出会い、コーヒーの生産方法を見直します。収穫後の処理を見直したり、品種ごとにロットを分けることにより、味覚を向上させました。国際環境NGOレイオンフォレスト・アライアンスの規定や市、州、連邦の法規を踏まえ、毎月問題点や改善点がないかを監視し、環境へ取り組んでいます。